.

趣味を仕事にできたらいいな〜楽そうだな

 

少し前にこの記事を書いたのですが覚えている人はどれくらいいるでしょうか?

 

今回はこの記事と少し似たような内容になります。

 

自分の考えですがなんとなく好きな事が習慣化したものが趣味だと思っています。

 

【またデタラメ言って。好きな事だの趣味だのが仕事になったら生活楽になるっつーの!】

 

とツッコミを入れたくなる人も多いかと。

 

しかし、よく考えてみて欲しいです。

 

皆さんの中には仕事の合間や帰りの電車の中、家に帰って一息付いたときに見ているyoutuberたちの面白い動画は好きでタダで上げているわけではありません。

 

youtubeの中には本当に何も考えておらず趣味で上げている人もいますが、大体は動画の合間に挟まれる化粧品やアプリ、ゲームの広告費でj稼いでいる人達が多い。

 

というかされで生活しようと毎日ものすごいたくさんの人たちがせっせと動画を上げているのです。

 

再生数が稼げればいいので、びっくりするようなタイトル(○○してみたら学校を退学になった!など)やわざと【アイドルのI川ってぶすじゃね?】といったわざと炎上を煽るようなタイトルや動画もあります。

 

彼らも見えないところで努力をしています

 

1年、2年くらい前にyoutubeのCMがやっていたのですがキャッチコピーが「好きな事して生きていく」といったような内容でした。

 

確かに好きなことや趣味を仕事にするのはあまり現実的ではありませんしyoutuberをそっくりそのまま真似しただけでは再生数やチャンネル登録者は稼げません。

 

彼らは好き勝手に動画を撮ってそのまま編集もせずにyoutubeに上げているわけではないのです。

 

どのようにしたらたくさんの人が見てくれて気に入りチャンネル登録してくれるのか、動画の編集はもちろんサムネイル(一覧に出てくる写真みたいなあれ)の工夫う、思わず見てみたくなってしまうタイトルにするなど工夫をしています。

 

すごく楽しそうで楽に見えるのですが実はブログを書いている自分たちと同じくらい、それよりももっと努力をしているのです。

 

たくさんの人に見てもらうにはどうすればいいのか

 

自分にも趣味はたくさんあるのですが仕事にできるかと聞かれても「はい、仕事にできますよ」とはとても言えません。

 

確かに趣味を収入に変えている人たちはいます。

 

けれどもライバルや先駆者が多いので突き抜けて稼ぐには動画を面白く、楽しくする努力はもちろん、思わず見てみたくなるような動画はなんなのかを考える必要があります。

 

つまりそれは媒体が違うだけでブログとyoutubeどちらも同じことが言えるのです。

 

自分をブランド化してみる

 

趣味を仕事にするのは普通の事をしていても仕事にはできない。

 

しかし、少ない再生数やアクセス数にめげず自分を売り出して成功してしまえば趣味も立派な仕事になります。

 

今は他人に決まった時間を売り、時間に応じて決まった給料をもらう意外の稼ぎ方もあります。

 

自分のブログのアクセス数が伸びてきたら自分の趣味の記事を書いてもファンには面白い記事になるかもしれません。

 

大切なのはコツコツ努力すること。

 

それを忘れなければきっと成功します。

 

いしかわについて
おすすめ教材集