.

こんな人生でいいのかと後悔するのはまだ早い!やり直せるチャンスはある。

 

自分の人生本当にこんな人生で良かったのか

 

 

ふとこんな考えが頭に浮かんでモヤモヤした人はいるでしょうか。

 

先の見えないコロナ禍、倒産する会社やリストラされ明日の生活に困ってしまう人が今大勢います。

 

コロナが流行し出す前は「学生時代一生懸命勉強して就活を勝ち抜き名の知れた大企業に入って定年退職するまで安定した人生を送る」のが普通であり一般的な考え方でした。

 

・安定した人生のレールから外れてしまった人たちは自業自得。
・頑張ってこなかったから貧乏なのは自己責任。

 

こう言った冷たい声がネットではよく目にしますが本当にそうでしょうか。
学生時代頑張ってこなかった奴はもう何をしても手遅れなのでしょか。
それは違います。

 

本人が人生を変えるために頑張ればいくらでも変えることはできるのです。

 

 

こんな人生でいいのか。それは生きていくうえで大きな課題でもあります。

 

 

勉強を頑張ってこなかった奴は底辺。勉強しなくちゃいけない時期の遊んでた本人が一番悪いんでしょ?

 

もう10年くらい前になりますが学生の自分はそんな今とは正反対のことを考えるいわゆる「優等生」タイプでした。

 

自分の通っていた中学校はそれはそれは荒れていて受験シーズン真っ只中にそこらじゅうでカップル成立し遊びまわっていた状況でした。

 

残念ながらそんなものとは無縁の自分は呑気な彼らを横目に受験勉強を頑張っていました。

 

良くも悪くも一発勝負。

 

その受験が失敗したらなりたかった看護師になれない。

 

何度も何度も机に向かい、問題集を解きました。

 

その努力が実り晴れて念願の高校に進学した自分は勉強はムダじゃなかったんだと知りました。

 

あの時の自分がまさか自分がその「底辺」になるなんて思いもしなかったことでしょう。

 

また受験を頑張って倍率高めの専門学校を中退してから会社に就職もせずフラフラしているのですから。

 

人生何があるのか分かりませんね。

 

 

何だ、アンタも底辺じゃん。なにを偉そうに言ってんだこいつ


 

 

人生変えられる?本気で言ってんの?学生時代頑張ってこなかったじゃん


 

 

人生は学生時代で決まるんだよ。貧乏で底辺なのは全部自分が悪い


 

確かに人生の生き方としては高校生や大学生、専門学生まで学生として勉強を頑張っていい成績を修めその成績や委員会活動や部活動を武器に就活し、新卒の正社員として生きていくのが一般的な人生でありまっすぐに伸びるレールでもあります。

 

そのレールに沿った生き方が正しい生き方であり、安定した人生です。

 

レールに外れてしまった人たちは元のレールに戻るのが難しくなりますし、正しい生き方ではないので貧乏で困っていようが仕事が見つからずに焦っていても学生時代頑張ってこなかったから自業自度というのです。

 

本当に学生時代頑張ってこなかった人は何をやっても手遅れでずっと底辺でいなくてはいけないのでしょうか?

 

 

後悔するにはまだ早すぎる。今時からでも人生と変える方法はある

 

自分はその答えにはっきりNOと言うことができます。

 

まだまだチャンスがあるどころか人生を逆転させる方法があるのです。

 

「また社会人失格者が何か言ってる」と思うかもしれませんが事実です。

 

中卒の就職も勉強も頑張ってこなかった人が頑張ってネットビジネスを勉強し大卒の同年代のサラリーマンの2倍ほど稼いているアフィリエイターを知っています。

 

SNSでは本当か嘘かは判断できかねますが会社で時間を切り売りして稼いでいる一方で自分が働いていなくても稼げる仕組みを作って自分の時間を楽しんでいる人がたくさんいるのです。

 

学生ブロガーもいれば中年のブロガーさんもいます。

 

つまり何がいいたいのかというと学生時代頑張ってこなかったからといって人生を逆転するチャンスを諦める必要はないということです。

 

 

一般的に正社員になるには高校あるいは大学、専門学校卒業後に就活を勝ち抜くか経験を生かして中途社員として雇われるという手段がありますが最近の不景気に押されだんだん厳しくなる一方です。

 

人生の大半の人が新卒の正社員として会社に雇われている人がほとんどなのではないでしょうか。

 

つまり安定した正社員になる機会はその学生時代に限られているとってもいいでしょう。

 

一方、ブログやアフィリエイトで仕組みを作り稼いでいく方法は違います。

 

・まだ仕事の大変さが分からない小学生

 

・仕事に疲れ果てうんざりしているサラリーマン

 

・定年退職し、やることが特にない高齢者

 

気軽にいつでも誰にでもに始められます。

 

つまりブログで頑張れば人生を逆転するチャンスが誰にでも平等にあるということになります。

 

学生時代頑張ってこなかった奴は底辺確定って誰が決めたの?

 

 

自分はTwitterをやっていますがそこにはフォロワーさんや尊敬しているブロガーさんはたくさんいます。

 

つまり上には上がいるのです。

 

彼らがブログを始める前の境遇は様々です。

 

自分のように会社で働いて生きていくことに疑問を感じた人や現役の医療職の人、中には学生のブロガーさんまでいます。

 

本当かどうかはさておきアクセスをたくさん集めてサラリーマン以上の収入を発生させているのです。

 

さっきも話しましたがブログは誰にでも始められますし自由を掴むためのチャンスがあるということですね。

 

言い換えればこれから始めようと考えている人にも稼げるのがブログの魅力でもあります。

 

 

けれども新しいことを始めるのはなかなか勇気のいる事。

 

人は何かとやらない理由を探すと言います。

 

明日でも良いか⇒明後日でも良いか⇒来週でもいいか…etc。

 

そしてブログはいつの間にやら更新ストップ。

 

確かに誰にでも始められるものですが、誰にでも続けられるものではありません。

 

これが以外と知られていないのです。

 

何だ…じゃあ三日坊主の自分には無理だな。どうせ何やってもうまくいかないんだ

 

とやげやりに諦めてしまうのは余りにももったいないです。

 

学び続ける姿勢を辞めなければまだまだ逆転のチャンスはある

 

 

自分が人生を変える手段としてブログを例に挙げましたが、やだ闇雲に書きたいことだけ記事に書いて適当にアフィリエイトのリンクを貼っておしまい…だけではいけないのです。

 

学校の勉強に教科書が必要なようにブログにも正しい方法があるのです。

 

ブログは記事を書いてサイトを強くしてたくさんの人に来てもらうことで始めてビジネスとして成立します。

 

ただし読んでくれている心に響かない文章の記事を書いても意味はありません。

 

魅力的な文章を書くには勉強と経験が必要です。

 

「学生でもないのに勉強しなくちゃいけないの!?」と思う人もいるかも知れませんが【勉強は誰にでもできる】のです。

 

正しい方法、自分の知識を生かしたなぜか惹きつけられる文章があってこそブログで稼げるようになリます。

 

人生において常に新しいことを学び続ける事はこれから人生を変えたい人には必要な考え方です。

 

だから「自分なんかが今更頑張ったところでどうにもならないんだ」と思わないでほしいです。

 

こんな人生でいいのかと後悔してしまう前に少しだけ頑張れば人生は学生でなくてもいつでもやり直せます

 

そのためには正しい努力と勉強する必要がありますがそれに見合った自分らしい人生を送ることができるでしょう。

 

自分も働くのが嫌で将来の夢もないようなどうしようもない人間でしたがSNSやブログで稼いでいる人たちに出会い、その人たちに追いつくべく取り組んでいる途中です。

 

もしこの記事を読んで参考になってくれたならとても嬉しいです。

 

そのときは一緒に頑張っていきましょう。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

このブログはにほんブログ村さんに参加させて頂いています。
記事を読んで是非ともおもしろい!と思ったら応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ


縛られる人生はもう終わり。逆転を狙う20代フリーターのブログ - にほんブログ村

 

 

 

 

 

いしかわについて
おすすめ教材集